AGA(エージーエー)の基礎知識。プロペシア等を用いたAGAの治療方法の情報。

AGA(エージーエー)

AGA(エージーエー)とは?

AGAとは、Androgenetic Alopecia(アンドロゲン性脱毛症)の略称で、いわゆる「男性型脱毛症」のことです。(※アンドロゲン=男性ホルモンの総称)

アメリカでの報告によると、AGAはすべての脱毛の中で9割を占めるそうです。

男性型脱毛症の名の通り、男性によく見られる脱毛症で、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなるのが特徴です。

AGAの発症年齢には個人差があり、おもに30〜40歳代から症状が目立ってきますが、早い人では10代で症状が現れるケースもあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、何もせずに放っておくと、前頭部や頭頂部の髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。

AGAの原因

AGA(エージーエー)は、「男性ホルモンの影響」が原因と考えられています。

AGAを発症した人の脱毛部分には、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が高濃度にみられます。

DHTは毛髪の成長期を短くするため、DHTの影響を受けた毛髪は、長く太い毛に成長する前に抜け落ちてしまいます。やがて、充分に育たない細い毛が多くなると、薄毛部分が目立ち、地肌が透けて見えるようになります。

AGAとプロペシア

プロペシアはAGAの治療薬として販売されている医療用医薬品です。

プロペシアは、男性ホルモン「テストステロン」を「DHT」へと変換する「酵素」を阻害し、DHTの産生を抑制します。

■関連ページ

▲このページの先頭へ