AGAを発症するリスクとフィナステリド(プロペシア)の治療効果を予測する『遺伝子検査キット AGAドック』

自宅で出来るAGA遺伝子検査

  • 自分はAGA(エージーエー)なのか?
  • 自分は将来、AGAを発症するのか?
  • プロペシアは自分にも効くのか?

これらの疑問に答えてくれる「AGA 遺伝子検査キット」をご紹介します。
AGA遺伝子検査キット 『AGAドック』 公式サイト

AGAとは?

AGAは、Androgenetic Alopecia(アンドロゲン性脱毛症)の略称で、いわゆる「男性型脱毛症」のことです。発症には男性ホルモンが大きく関与しています。

この脱毛症は、思春期以降に「額の生え際」や「頭頂部」の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなるのが特徴です。

これまではAGAに明確な診断基準がなく、目視のみの診察に頼ってきました。しかし、AGA遺伝子検査の登場によって、発症前や発症の初期段階であっても将来のAGAリスクが分かるようになりました。

AGAの治療方法

AGAの治療にはフィナステリドという成分が有効です。
フィナステリドはAGAの原因物質であるDHTの産生を抑制する作用があります。

このフィナステリドを錠剤にしたのが「プロペシア」です。国内の投与試験では、1年間服用した患者の98%でAGAの進行が止まり、58%で改善が見られました。

つまり、薄毛の進行をストップさせるという点では、プロペシアはほとんどのAGA患者に有効であると言えます。

一方、発毛に関しては個人差が大きく、プロペシア単体での使用では「不変」か「軽度の改善」にとどまる例が多いようです。そのため「著明な改善」を目指すには、他の育毛剤やサプリメントとの併用が鍵となります。

◇関連ページ
9割の男性が発毛 カプサイシンとイソフラボンのサプリメントをプロペシアと併用

AGA 遺伝子検査キット AGAドック

「AGAドック」は、自宅で簡単にAGA遺伝子検査ができるキットです。

このキットにより男性ホルモンの感受性に関連する遺伝子を調べることで、「将来的にAGAを発症するリスクの予測」と「フィナステリドによる治療効果の予測」ができます。

検査は一生に一度で大丈夫です。DNAは生涯変わることはないので、検査する年齢に関わらず同じ結果が得られます。

なお、本製品による検査は男性に限られています。また、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。

検査方法

検査方法はいたって簡単です。専用の綿棒でほほの内側をこすって粘膜を採取し、同封の書類と一緒に返信用封筒に入れて送るだけです。

約2〜3週間後には「遺伝子検査結果報告書」と「AGAアドバイスブック」が届きます。

  • 遺伝子検査結果報告書……遺伝子検査で判明したあなたの脱毛の傾向を解説
  • AGAアドバイスブック……生活習慣・食生活の改善、洗髪方法などのさまざまな薄毛対策法をアドバイス

価格

「AGAドック」の価格は12,600円(税込、送料無料)。
クリニックでの遺伝子検査費用(20,000円前後)と比べて割安です。
また、検査を受けた人は、1年間無料でAGAに関する相談を受けられます。

「AGAドック」公式サイト

▲このページの先頭へ