医学的根拠に基づいた総合的な発毛治療を実施している病院・クリニックの情報。

発毛クリニックの治療内容

発毛サロンや一般の病院とは違う、発毛クリニックの治療内容について。

一般的な病院では発毛は難しい?

2005年に男性型脱毛症(AGA)の治療薬「プロペシア(フィナステリド)」が認可され、テレビCMなどを通じて「薄毛は病院で治療できる」という認識を持つ方も増えてきました。

しかしながら、実際の医療の現場では、治療ノウハウの乏しさから、簡単な診察(視診・問診)とプロペシアの処方のみで済ませてしまう医師も多く、患者が満足する発毛治療が行われているとは言い難いのが現状です。

プロペシアには、男性型脱毛症の原因である男性ホルモン(DHT)を阻害する効果があるため、ほとんどの人の薄毛進行を抑制することができますが、発毛となると一部の限られた人にしか効果がありません。

プロペシアの製造販売元である万有製薬が実施した国内長期投与試験では、プロペシアの服用によって頭頂部の改善が見られた患者の割合は58%でした。

これを改善度別に見ると、軽度改善は47.7%、中等度改善は9.1%、著明改善は1.5%となっており、プロペシアだけの治療では著明改善は困難だということが分かります。

これは前頭部においても同様で、軽度改善は46.2%、中等度改善は10.8%、著明改善は0.8%となっています。

プロペシアに限定されない「発毛クリニックの発毛治療」

現状維持や軽度改善にとどまらず、薄毛の解消を目指すのであれば、より積極的な発毛治療を実施している発毛クリニックでの治療がおすすめです。

プロペシアの処方のみに頼っている一般の病院とは異なり、発毛クリニックでは一人ひとりの症状に合わせた総合的な発毛治療が受けられます。

全国8箇所に展開している聖心美容外科の毛髪再生外来を例に、発毛クリニックの治療内容をご紹介します。


■発毛薬の処方

プロペシアのほかに、発毛成分ミノキシジルの内服薬と外用薬を処方してもらえる。
内服薬ロニテン(ミノキシジルタブレット)は、強い発毛作用を持つことで知られる。

■頭皮に直接注入

【育毛カクテル注入療法】
フィナステリド・ミノキシジルに髪の栄養となる成分を加えて頭皮内に直接注入する。
さらに注入後、低出力レーザー「エルコーニア」で頭皮内の血行を促進させる。

【HARG療法(毛髪再生)】
毛髪再生に有効な「成長因子(Growth Factor)」に、各種ビタミン製剤などの栄養剤を配合した「HARGカクテル」を使用。頭皮にダイレクトに与え、毛根まで届けることによって発毛を促す。

■各種検査

【血圧検査・血液検査】
薬を投与しても問題ないか等を判断するために、血圧検査や血液検査(肝機能、腎機能、血算、前立腺腫瘍マーカー)を行う。

【遺伝子検査】
男性型脱毛症の原因である男性ホルモン(DHT)の影響を受けやすいかどうかが分かる。

【毛髪ミネラル検査】
体内のミネラルバランスを測定することで、食生活や生活習慣を客観的に評価する。

■ドクターズ・オーダーサプリメント

毛髪ミネラル検査の結果と医師の所見に基づいて、栄養士が100種類以上のサプリメントの中から最適なサプリメントを選択し処方する。

■写真撮影

治療中は定期的に頭髪の写真を撮って比較し、治療効果を確認する。

■カウンセリング

患者一人ひとりに最適な治療方法を導き出すために、十分な時間をかけて綿密なカウンセリングを行う。そのため、受診は完全予約制となっている。

▲このページの先頭へ