AGAの原因物質「DHT(ジヒドロテストステロン)」の基礎知識と抑制方法。

DHT(ジヒドロテストステロン)

DHTとは?

DHT(ジヒドロテストステロン)はホルモンの一種で、AGA(男性型脱毛症)の原因といわれている物質です。DHTは髪の工場である毛母細胞の活性を低下させ、髪を充分に成長させることなく脱毛させてしまいます。

DHTは男子の胎児に対しては陰茎などの外性器の発達を促しますが、思春期から成人期のヒトに対しては男性型脱毛症や前立腺肥大、ニキビを引き起こします。

DHTの作られ方

DHTは精巣が作り出す「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが、毛乳頭内の5αリダクターゼという酵素と結合することによって作られます。

5αリダクターゼにはI型とII型があり、II型は前頭部から頭頂部といった“薄毛になりやすい部分”の毛胞に多く分布しているため、テストステロンが過剰に分泌されると、前頭部や頭頂部にかけてDHTも過剰に作られ、結果として薄毛が引き起こされてしまいます。

DHTを抑制する方法

DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するには、「テストステロン」をDHTに変換させる酵素「5αリダクターゼ」を抑制しなければなりません。

5αリダクターゼの抑制には、医療用医薬品のプロペシア(一般名:フィナステリド)や、ノコギリヤシ等が配合されたサプリメントが用いられます。

■関連ページ

▲このページの先頭へ