育毛の基礎知識。発毛促進剤や飲む育毛剤の解説。各種育毛アイテムの紹介。

育毛・発毛に必要な栄養素

髪に良い栄養素と多く含まれる食品

【タンパク質】
タンパク質は20種類のアミノ酸で構成されていて、そのうちの9種類が体内で合成されない必須アミノ酸です。
髪の素となるメチオニンも必須アミノ酸なので、食事で摂取しない限り補充されません。

動物性タンパク質
肉、魚、卵、乳製品
植物性タンパク質
大豆、納豆、豆腐

ただし、動物性タンパク質は、摂り過ぎると内臓脂肪の増加や、血液・血管の劣化の要因になるので注意しましょう。


【ビタミンB群】
ビタミンB群とはB1、B2、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6、B12、葉酸などのことです。

食事で摂ったタンパク質を体の中で利用できる形にするにはビタミンB群が必要です。
また、ビタミンB2とB6には皮脂の分泌を抑制し、皮膚の新陳代謝を促す作用があるので、脂性の方や頭皮が炎症している方は多めに摂るようにしてください。

ビタミンB2
レバー、卵、大豆、乳製品、緑黄色野菜
ビタミンB6
カツオ、マグロ、イワシ、サバ、レバー、肉類、
バナナ、キャベツ、ピーナッツ、くるみ、大豆
その他のビタミンB群
レバー、魚介類、肉類、卵、緑黄色野菜、豆類、玄米

【亜鉛】
亜鉛は体重60Kgの成人で2gほどしか含まれない微量ミネラルです。わずか2gですが私たちの生命活動に深くかかわっています。

体内に存在する3000以上の酵素のうち、200以上の酵素は亜鉛なしでは働くことが出来ません。
毛髪の主成分はケラチンというタンパク質ですが、亜鉛が不足するとこのケラチンの合成がうまくいかず、脱毛しやすくなります。

亜鉛
魚介類(特にカキなどの貝類、うなぎ)、海藻類、肉類

亜鉛は育毛に欠かせない栄養素ですが、過剰摂取には注意してください。
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2005年版)」によると、18〜69歳の男性の場合、亜鉛の1日の推奨量は9mg(女性は7mg)、上限量は30mgとなっています。

生カキ100gに含まれる亜鉛が13mg程度ですから、通常の食生活で上限量を超える心配はありませんが、サプリメントで摂取する場合は注意が必要です。


【ビタミンA・C・E】
ビタミンAは細胞分裂を正常化して頭皮の健康を保ちます。
乾燥性の頭皮、フケ症の人に有効です。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けて血管や頭皮を丈夫にします。また、抗ストレスホルモンの分泌を促し、ストレスを溜めないようにする作用があります。

ビタミンEには毛細血管を広げる働きがあり、毛乳頭までスムーズに栄養を運べるようにします。

ビタミンA
緑黄色野菜、レバー、うなぎ
ビタミンC
かんきつ類、イチゴ、野菜
ビタミンE
ナッツ類、植物油、魚介類、ごま

この3つのビタミンには抗酸化作用があり、活性酸素を除去して細胞や皮脂の酸化を防ぎます。活性酸素の種類によって効き目のあるビタミンが違うので、バランス良く摂取すると効果的です。


栄養を簡単に摂る方法

これらの栄養素は毎日継続的に摂取する必要がありますが、食事からの摂取だとどうしても偏りが出てしまいます。 そこで、必要な栄養素を漏れなく摂取したい方には、サプリメントの使用をおすすめしています。

当サイトが自信を持っておすすめできるサプリメントはこちらです。

ブラックサプリEX

発毛診療医の服部達也氏(新宿ハートクリニック院長)が成分を監修しています。
これひとつで、必要な栄養素を一気に摂取できます。

これまで男女を問わず、たくさんの方からご好評を頂いているサプリメントです。


現代人はビタミン・ミネラルが不足している

現代人のおよそ9割は何らかの栄養不足に陥っていると言われています。特にビタミンとミネラルの不足が顕著で、若年層の薄毛の増加とも深い関わりがあると言われています。

偏った食事をしていれば栄養が不足するのは当然ですが、きちんと食事をとっている方でもビタミン・ミネラルに関しては不足しがちなようです。

特に水溶性ビタミン(ビタミンB群とビタミンC)は食品の調理によって失われやすく、日頃の食事で摂るのが困難な栄養素です。

例えば、ほうれん草は水に5分間さらすだけでビタミンCが20%も失われてしまいますし、ブロッコリーはゆでるとビタミンCが3分の1程度に減ってしまいます。

また、レトルト食品、冷凍食品、インスタント食品、コンビニ弁当などは、食中毒防止のための洗浄高熱処理によって、多くの栄養素が失われています。

このように非常に摂取しにくい栄養素ですが、毎日摂らなければなりません。水溶性ビタミンは摂りだめがきかず、体内で利用できなかった分は尿として排泄されてしまうからです。

一方、亜鉛を始めとしたミネラルも、加工食品での摂取が困難な栄養素です。

ほとんどの加工食品に含まれるポリリン酸ナトリウム(結着剤)などの食品添加物は、亜鉛を体内から排出してしまう働きがあります。

また、酸味料として使われるフィチン酸は亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどとの結合力が強いため、これらのミネラルの吸収を妨げます。

サプリメントを上手に利用して、これらの栄養素を効率よく補給するようにしましょう。


その他の注目成分

【カプサイシン・イソフラボン】
カプサイシンとイソフラボンを毎日かかさず同時に摂取する事で、薄毛に悩む男女80%が改善したという研究成果が報告されています。>>カプサイシン&イソフラボン

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取すると、髪を生えさせる指令を出す毛乳頭にIGF-1という物質が作られます。このIGF-1は、男性ホルモンなどの作用によって髪の成長がストップした場合でも、毛乳頭を再び活性化し発毛を促進します。


【パルテノライド】
大阪大学の研究でナツシロギクから抽出した成分「パルテノライド」に発毛効果と男性型脱毛症を抑制する働きがあることが確認されています。>>パルテノライドの効果と副作用


▲このページの先頭へ