発毛の基礎知識。発毛促進剤や飲む育毛剤の解説。各種育毛アイテムの紹介。

発毛

一口に発毛と言っても様々な方法があります。
まずは発毛に欠かせないことや代表的な発毛の方法を紹介します。

発毛しやすい体質にする

発毛しやすい体質とは、血液の循環が良好で、栄養が身体のすみずみまで行きわたる状態のことです。

しっかりとした太い毛を発毛させようと考えるなら、日頃の生活習慣に気を配り、体内の発毛環境を整えることが肝要です。特に、発毛には食事と睡眠の質が重要だといわれています。

発毛しやすい頭皮にする

粗悪なシャンプーや間違った洗髪方法によって頭皮が傷んでいると、たとえ発毛したとしても硬毛(太く長い毛)には育ちません。

フケ・紅斑(炎症)・吹き出物がある頭皮は、頭皮からの水分蒸散量やアミノ酸溶出量が多く、皮膚のバリア機能が低下しています。水分量や皮脂量を最適な状態に保ち、太く長い毛を発毛させるには、質の良いシャンプーを選ぶことが重要です。

発毛剤を使う

薄毛や抜け毛の原因のひとつとして男性ホルモン(DHT)の影響があります。DHTは毛母細胞を萎縮させるため、発毛の妨げとなるのです。
このDHTを抑制する発毛剤としてプロペシアがあります。

発毛サロンに通う

発毛サロンでは専用機材を用いた施術やマッサージ、カウンセリング等が受けられます。治療方法や料金はサロンによって異なるので、発毛サロン選びは慎重に行う必要があります。

イソフラボンとカプサイシンで発毛

イソフラボンとカプサイシンを毎日かかさず同時に摂取する事で、薄毛に悩む男女の80%に改善傾向が見られたという研究成果が報告されています。

イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取すると、髪を生えさせる指令を出す毛乳頭にIGF-1という物質が作られます。このIGF-1は、男性ホルモンなどの作用によって髪の成長がストップした場合でも、毛乳頭に働きかけて再び活性化し発毛を促進します。

▲このページの先頭へ