大豆イソフラボンとは? 大豆イソフラボンの人気の秘密。効果や副作用の情報。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとは、大豆の発芽する部分「胚芽」に多く含まれるポリフェノール(フラボノイド)の一種です。成分は、「ダイゼイン」「ゲニステイン」「グリシテイン」等、15種類が確認されています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と化学構造が似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれています。女性ホルモンの分泌が低下している時にはその補充として、逆に分泌過剰の際にはその作用を緩和させるように働くと考えられています。

大豆イソフラボンはなぜ人気?

大豆イソフラボンには、骨粗鬆症、乳がん、前立腺がん、動脈硬化などの予防効果や、更年期障害、月経開始前の下腹痛、腰痛、乳房痛などを軽減する効果があるとして、テレビなどで取り上げられ注目されています。

最近では大学での臨床実験によって育毛や発毛に効果があることが確認され、新聞、雑誌などでも紹介されています。

大豆イソフラボンの効果

※育毛効果については、カプサイシン&イソフラボンのページをご覧下さい。

大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモン(エストロゲン)と同様の作用をします。したがって、女性ホルモンの関係する症状の改善に効果があります。

更年期障害の緩和効果

更年期障害のさまざまな症状(めまい、のぼせ、ほてり、動悸、発汗異常、うつ、イライラ、倦怠感、不眠症など)は、女性ホルモン(エストロゲン)が減少することで起こります。イソフラボンを摂取することにより、不足した女性ホルモンの働きを補うので、これらの更年期障害の症状の軽減に役立ちます。

骨粗鬆症の予防効果

女性ホルモンのエストロゲンは、骨からカルシウムが流出するのを防いでいます。 骨は、造骨と破骨を繰り返しながら常に生まれ変わっているのですが、女性ホルモン不足の状態になると、骨を壊す作用のある破骨細胞が異常に働いて、必要以上に骨を壊してしまいます。 エストロゲンの分泌が急激に低下する閉経後の女性に、骨粗鬆症が発症しやすいのはこのためです。 大豆イソフラボンは、エストロゲンの代わりとなり、カルシウムが骨から溶け出すのを防ぐので、骨粗鬆症の予防や改善に効果があります。

乳ガン・前立腺ガンの予防効果

イソフラボンには、性ホルモンが増殖に関係する悪性腫瘍のうち、女性の乳ガンと男性の前立腺ガンに対して予防効果があるといわれています。 厚生労働省の調査では、味噌汁を一日3杯以上飲む女性は、一日1杯以下しか飲まない人に比べ、乳ガン発生率が40%も低いことがわかっています。大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について

乳ガンの一因は、エストロゲンの過剰な働きにあります。 体内でエストロゲンと似たような働きをするイソフラボンは、過剰なエストロゲンの邪魔をして、その働きを妨害していると推測されています。 乳ガンと同じようにホルモン依存性のガンといわれている前立腺ガンに対しても、イソフラボンは効果的に働くと考えられています。

生活習慣病の予防効果

イソフラボンの摂取により、血圧や血液中の悪玉コレステロールの低下を促すことが、動物実験や臨床試験により明らかにされています。 血液中のコレステロールには、余分なコレステロールを減少させる善玉コレステロール(HDL)と、血管の内側に付着しやすい悪玉コレステロール(LDL)があります。 悪玉コレステロールが血管に付着すると、血液の流れを妨げる動脈硬化になりやすくなり、心筋梗塞や脳卒中を引き起すことにもなります。 エストロゲンには、血液中の悪玉コレステロールの増加を抑え、善玉コレステロールの合成を促進する働きがあり、こうした働きもイソフラボンが肩代わりしてくれます。

美肌・美白効果

女性ホルモンには、肌の弾力性を保つコラーゲンやヒアルロン酸の合成を促す働きがあります。 イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをすることから、皮膚の線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を活性化して肌に潤いとハリをもたらします。 また、イソフラボンには、ビタミンCやコウジ酸を上回り、アルブチンに匹敵するほどの強いメラニン生成抑制作用があり、 シミ・ソバカスや日焼けなどの皮膚の色素沈着を、予防または回復させることが証明されています。

大豆イソフラボンの副作用と摂取量

大豆イソフラボンの副作用

更年期障害の治療法として、女性ホルモンであるエストロゲンを投与する方法がありますが、エストロゲン投与には数多くの副作用が指摘されています。 イソフラボンは、このエストロゲンによく似た物質ですが効き目が穏やかなため、日常的に摂取しても副作用はないと考えられています。

大豆イソフラボンの過剰摂取

大豆イソフラボンには副作用はないとされていますが、過剰な摂取は控えた方が良さそうです。 食品安全委員会が2005年12月にまとめた「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」では、1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値を70〜75mgとし、そのうち、サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまでが望ましいとしています。

これは海外(イタリア)において、「閉経後女性を対象に、大豆1日150mg、5年間に渡って摂取した結果、子宮内膜増殖症の発症が、摂取群で有意に高かった」というヒト臨床試験などを基に設定されています。

男性への副作用は特に報告されていないようです。
食品安全委員会:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

妊婦や乳幼児・小児などは、普段の食事に追加してサプリメントで大豆イソフラボンを摂取するのは控えた方が良いようです。

大豆イソフラボンの理想的な摂取量は?

イソフラボンの摂取量は一日に40mg〜50mgが理想です。これは、豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)です。余った成分は吸収されず体外に排出されますから、時々たくさん摂っても意味がありません。 イソフラボンは「毎日しっかり」が基本です。食品だけで十分に摂取できない日は、サプリメントなどで補いましょう。

大豆イソフラボン豆知識

大豆イソフラボンの種類

大豆イソフラボンには、「アグリコン型」と「グリコシド型」の2種類があります。違いは「糖」がついているかどうかです。糖がついているのがグリコシド型、糖がついていないのがアグリコン型です。(グリコシド型は配糖体とも呼ばれます。)

通常、大豆の中のイソフラボンは、糖と結合したグリコシド型で存在していますが、分子量が大きいため胃で吸収されません。胃で吸収されないグリコシド型イソフラボンは腸まで運ばれて、腸内細菌の酵素の力によって糖が切り離され、アグリコン型になって初めて吸収されます。

一方、アグリコン型イソフラボンは、あらかじめ分子量が小さくなっているため、胃や小腸で素早く吸収されます。大豆食品の中では、味噌や醤油のような発酵食品だけが、麹菌の酵素によってあらかじめ糖が分解されたアグリコン型になっています。ただ、同じ発酵製品でも納豆は麹菌による発酵でないために、グリコシド型イソフラボンを多く含んでいます。

ちなみに、大豆イソフラボンアグリコンの量は、大豆イソフラボン(グリコシド型)に、0.625をかけることで算出することができます。例えば大豆イソフラボン100mgに対し、大豆イソフラボンアグリコンは、以下の計算式で62.5mg存在することになります。

100mg×0.625=62.5mg

大豆イソフラボンの含有量

大豆イソフラボンは、大豆を原料とする加工食品のほとんどに含まれていますが、原料大豆の種類や食品の製造方法などによってその含有量は異なります。

食品「100g中」の大豆イソフラボン(アグリコンとして)の含有量(mg)

食品名(検体数)含有量平均含有量
大豆 (11検体)88.3〜207.7140.4
煮大豆 (3検体)69.0〜74.772.1
豆腐 (4検体)17.1〜24.320.3
納豆 (2検体)65.6〜81.373.5
豆乳 (3検体)7.6〜59.424.8
味噌 (8検体)12.8〜81.449.7
醤油 (8検体)0.7〜1.20.9

厚生科学研究(生活安全総合研究事業)食品中の植物エストロゲンに関する調査研究(1998)より

大豆イソフラボンで抑毛

大豆イソフラボンのローションやクリームを塗ることで、ムダ毛を生えにくくしたり、ムダ毛を細くして抜けやすくすることができます。また、硬くて太いヒゲを抑制するジェルなどもあります。

体毛の濃さとホルモンバランスの関係

そもそもムダ毛が濃く・太く・長くなるのは男性ホルモンが原因です。男性ホルモンは、毛を太くする毛母細胞を増殖させ、ムダ毛の成長を促進させます。 女性で更年期を過ぎた辺りから毛が濃くなってくる人がいますが、これは女性ホルモンの分泌の低下などによってホルモンバランスが崩れるためと言われています。

ちなみに頭髪は、男性ホルモン(DHT)の影響を強く受けると薄くなってしまいます。体毛とは逆ですね。

大豆イソフラボンがムダ毛を抑制

ムダ毛のないスベスベの肌をキープするには、女性ホルモンの働きを活発にして、男性ホルモンの働きを抑える必要があります。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと構造が似ており、女性ホルモン同様の効果が期待できます。

ローションやクリームなどで肌に塗られた大豆イソフラボンは、男性ホルモンの過剰な活動を阻害し、毛母細胞と毛乳頭細胞の働きをおさえて萎縮させます。 その結果、かたくて太いムダ毛の成長が遅くなり、徐々に細くて柔らかい産毛に変わります。

大豆イソフラボンは肌に塗っても副作用はなく、反対に「肌が白くなる」「シミが消える」「肌がしっとり潤う」「ニキビ・脂性・テカリを解消する」などの良い効果が期待できます。

▲このページの先頭へ