血流が悪いと抜け毛が増える原因に。血行不良を改善して抜け毛を予防しましょう。

抜け毛ナビ > 抜け毛の予防対策 〜血流〜

抜け毛の予防対策 〜血流〜

食事によって体内に取り入れられた栄養は、血液によって身体中に供給されます。
ところが、血管や血液が劣化していたり、血流を妨げる要因があると、
毛根まで充分に行き渡らない可能性があります。

抜け毛予防のために摂取した栄養素も、毛根に届いてなければ意味がありません。

育毛剤を使えばいいのでは?

ほとんどの育毛剤には、血行を促進する成分が含まれています。
しかし、当然ですが育毛剤が作用するのは頭部だけです。
そこに至るまでの血流が滞っていては、せっかくの育毛剤の効果も減少してしまいます。

血流を妨げる要因
喫煙

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用があります。
しかも、一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結びついて絶えず酸欠状態になり、
抜け毛のみならず髪の成長に悪影響を及ぼします。

ストレス

ストレスを感じると末梢の血管が収縮し、血流が悪くなります。
自分なりのストレス発散方法を見つけ、ストレスを解消するようにしましょう。

悪い姿勢・肩こり

姿勢が悪いと血液・リンパの流れが滞る原因となります。
また、肩や首のコリは、頭部への血液の流れに直接影響します。
日頃から正しい姿勢を心がけ、軽い体操やストレッチなどで身体をほぐしましょう。

ドロドロ血液

血液は約55%の血漿と約45%の血球で構成されています。
血漿はその90%が水分ですが、血球は赤血球、白血球、血小板などの細胞です。

赤血球や白血球は、毛細血管の直径よりも大きいため、自在に形を変えながら血管内を通過していきます。
ところが、ドロドロ血液になると、血球の膜が厚く固くなって形を変える能力が低下したり、
かたまりになって流れを悪化させたりします。

これを防ぐには、脂肪分や糖分を摂り過ぎないことが重要です。
肉類や清涼飲料水などのドリンク類、洋菓子などは控えめに。
アルコールも血液中の中性脂肪を増やしますから、飲み過ぎに注意しましょう。