育毛の基礎知識。発毛促進剤や飲む育毛剤の解説。各種育毛アイテムの紹介。

育毛とシャンプーの関係

不潔は脱毛症をまねく

髪の根元には皮脂腺があり、そこから分泌された皮脂が汗と混ざって、頭皮を覆う皮脂膜が作られます。

この皮脂膜をそのままにしておくと酸化真菌(マラセチア菌)の繁殖をまねき、フケ・かゆみ・吹き出物・炎症の原因になります。
これらは抜け毛の増加や育毛阻害につながります。

長時間、頭皮を不潔な状態にしておくのはやめましょう。

皮脂膜は頭皮のバリア

不潔にしておくと脱毛につながる皮脂膜ですが、実は非常に重要な役割を持っています。
正常な皮脂膜は、有害な細菌の繁殖や侵入を防ぎ、皮膚の保水性も保ってくれる頭皮のバリアなのです。

この皮脂膜を取り過ぎてしまうと、毛穴の中にある皮脂腺は皮脂を補おうとして肥大します。 肥大した皮脂腺からは過剰な皮脂が分泌されるようになり、抜け毛の増加や育毛環境の悪化をまねきます。

皮脂の分泌を正常に保つには、安全な成分で洗浄力が強すぎないシャンプー剤を使うことです。その上で食生活・生活習慣の見直しを図って、頭皮の育毛環境を整えていくのがベストです。

抜け毛、薄毛に悩む方の多くが頭皮にトラブルを抱えています。

頭皮がトラブルを抱えた状態では、どんなに良い育毛剤でも効果は期待できません。それどころか、頭皮に直接つけるタイプの育毛剤の場合、刺激によって悪化させてしまうことがあります。

手に付いた抜け毛

シャンプー時の抜け毛を怖がって洗髪をためらう人がいますが、基本的にシャンプーして抜け毛が増えるということはありません。

髪には寿命があり、休止期に入った髪は自然に抜けていきます。
シャンプーやブラッシングで抜けた毛は、すでに抜けかかっていた毛です。

正常な日本人男性の場合、1日に50〜100本自然脱毛していると言われています。

たまにしかシャンプーしないと数日分がまとまって抜けるため、大量の抜け毛に驚かれるかもしれませんが、シャンプーで抜け毛が増えたわけではありません。

ただし、粗悪なシャンプー剤や、自分に合っていないシャンプー剤を使用している場合には、頭皮が荒れて抜け毛が増えることがあります。

また、合成シャンプーから石けんシャンプーに切り替えた時にも、一時的に抜け毛が増えることがあります。

▲このページの先頭へ