育毛の基礎知識。発毛促進剤や飲む育毛剤の解説。各種育毛アイテムの紹介。

生活習慣の見直し

睡眠

髪の毛は眠っている間に成長します。

昼間は身体が活発に活動して交感神経の働きが多くなり、末端の細小動脈を収縮させます。そのため、毛母細胞に栄養が届きにくくなって髪はほとんど成長しません。

逆に睡眠中は身体の活動が低下して副交感神経が優位に働きます。末端の細小動脈が拡張して毛母細胞に栄養が多く運ばれ、新陳代謝が活発になって髪がよく成長します。

特に午後10時から午前2時の時間帯に深い眠りについているのが理想的です。

この時間帯は「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれ、この時間に深い眠りが得られると、成長ホルモンの分泌が促され、成長促進と老化防止につながります。

睡眠について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
眠りの総合サイト☆快眠推進倶楽部☆


ストレス

ストレスはあらゆる病気に悪影響を与えると言われていますが、ハゲ・薄毛にとっても例外ではありません。

過度のストレスは交感神経を刺激し、毛細血管を収縮させます。 そのため血流量が減り、栄養が運ばれにくくなって髪が育たなくなってしまいます。

また、ストレスによる食欲不振、消化器系の機能低下、不眠、暴飲暴食なども髪に良くありません。 自分なりのストレス解消法を見つけてストレスをためないようにすることが大切です。


タバコ

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があります。
その結果、頭皮の血液循環が悪くなり、髪に充分な栄養が行き届かなくなります。

さらに、一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結合し、酸素運搬能力を低下させ、酸素欠乏を引き起こします。

栄養と酸素の供給が減ると髪の寿命が短くなり、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

また、アメリカで発表された研究結果では、喫煙により脱毛を促進する男性ホルモンが増大することが分かっています。

他人が吸っているタバコの煙にも注意してください。
タバコの煙には喫煙者が直接吸い込む主流煙と、タバコの先から立ちのぼる副流煙がありますが、有害物質の含有量は副流煙の方が多いことが分かっています。


お酒を飲み過ぎて肝臓に負担がかかると、髪の主成分であるタンパク質がつくられず、栄養が不足してしまいます。

また、飲酒に伴って食事がおろそかになったり、洗髪もせずにそのまま寝てしまったりするのも髪にとってマイナスです。

アルコールの分解能力は人によって違うので一概には言えませんが、日本酒なら1日1合、ビールなら大ビン1本、ワインならワイングラス1〜2杯、ウィスキーならダブル2杯が適量だと言われています。

週に2日以上はお酒を飲まない日(休肝日)をつくって肝臓を休めましょう。


紫外線

紫外線を浴びると頭皮の皮脂が酸化します。
酸化した皮脂は過酸化物質となって毛根細胞を死滅させ、脱毛を促進します。

また、髪のタンパク質の結合を破壊して、キューティクルをはがれやすくします。キューティクルがはがれると、髪の水分が減少して髪がパサつくようになります。

日差しが強い日は、外出する際に帽子をかぶるようにしましょう。

帽子は通気性が良くて、かぶった時にきつくないものをお勧めします。きつい帽子をかぶると頭皮の毛細血管を圧迫して血行障害を起こしてしまいます。

頭皮が蒸れて雑菌が繁殖すると毛根に悪影響を与えてしまうので、こまめに帽子を脱いで風を通したり、タオルで頭部の汗を拭くなどして対処してください。

関連情報:ライオン“頭皮から分泌される皮脂の酸化に起因する脱毛”を阻止する脱毛抑制剤を開発(2005年7月12日)


肩こり

首および肩周辺の筋肉疲労や血行障害によって引き起こされる肩こりは、薄毛の原因のひとつとされています。

肩と首には頭部へ血液を運んでいる血管が通っているので、肩と首の血行が悪くなると、当然、頭部の血行も悪くなります。

いかに毛髪に必要な栄養分を摂取していても、その栄養素が頭皮にまで運ばれなければ育毛効果は期待できません。

肩こりを防ぐためには、長時間同じ姿勢でいるのを避け、こまめに肩などを動かすようにするのが一番です。

■関連ページ
脱毛症の原因と対策

▲このページの先頭へ